2015年07月07日

「異才の芸術」展





異才の芸術 アールディファレンシェ展〜障害者アートの衝撃〜を見てきました。オープニングセレモニーの踊りから、公開制作の様子から、自然生ストーリーのビデオから、とても大事な愛おしい物がギュッと詰まっていると感じました。
公開制作で鳥の絵を書いていたひとに話かけると、鳥の事や絵の具の事など丁寧に教えてくれました。最後に名前を聞かれ名字を答えると、少ししてから下のお名前は?と聞かれ、「優子です。」と答えると、「素敵なお名前ですね。」と。カッコつけでもなくただ感じたままのストレートな言葉が心に刺さりました。ひとを褒める事さえ、自分はどこか意識的にやっている気がします。生きるってもっと「シンプルな事のはず!」褒められて何だか気分よく帰ってきました。

つくば美術館で7/12(日)までやってます。沢山のかたに見ていただきたいと主催者の方が言っていました。写真は私が約100枚の中から一番気に入った絵。理由は分からないけど、なんか好き。皆さんも「なんか好き」を探しに行ってみては?

同じカテゴリー(その他)の記事画像
パーソナルカラーコンサルタント 修了式
色彩検定3級合格!
ブランド作りの第一歩?
Garment Professional class
常陽新聞電子版
常陽新聞に掲載されました!
同じカテゴリー(その他)の記事
 パーソナルカラーコンサルタント 修了式 (2015-08-08 22:36)
 色彩検定3級合格! (2015-07-27 23:34)
 ブランド作りの第一歩? (2015-07-26 22:01)
 Garment Professional class (2015-07-25 19:38)
 常陽新聞電子版 (2015-06-23 16:02)
 常陽新聞に掲載されました! (2015-06-18 09:50)
Posted by puni at 17:05│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。